ブレッツァ・アーキテクツ|一級建築士事務所の仕事を紹介しています
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
リノベーション

 

140221

 

古くなったアパートの資産価値を高めるリノベーションの設計監理を行っています。

築35年なので設備や間取りは全く時代遅れなものになっていましたので、一旦スケルトンにして間取りから全てやり直している最中です。

外装はほぼ終わって足場が外れ、見違えるほどスッキリした外観が姿を現しました。

 

雑誌取材

以前マンションをリフォームしたO邸で、雑誌の写真撮影がありました。

竣工後一年が過ぎましたがとても奇麗に使って頂き、家具も揃ってとても素敵になっていました。

それを建築専門のカメラマンが的確に構図を見定めて、次々と素晴らしい絵を切り取っていくのですが、手際の良さは見ていて気持ちよかったです。

来年1月の発売が今から楽しみ。

 

131012

炊飯器置き場

先日リフォームしたお宅では、炊飯器を隠したいというご要望に造作家具を引出しにすることでお応えしました。

皆様キッチン廻りの収納には様々な工夫をされているようで、こういうご要望は結構多いのですが、これは存在感がなくて良いと好評でした。

 

Img_3878

 

最近は蒸気の出ない炊飯器もありますが、今回は湯気があたっても大丈夫なように、引出し内の上面にフィルムを貼付けて耐久性を増しています。

 

Img_3877

 

リノベーション 修景

猛暑酷暑と言われながらもここ東北はまだ梅雨明けもせず、雨ばかりで肌寒い日が続いています。

冷房を全く使わずに済むという点では過ごしやすいとも言えますが、農作物への影響も心配ですし、なによりも現場が思うように進まず、段取りが大変そうで気がかりです。

そんな中、先日お引き渡ししたリノベーションは鉄骨造の事務所兼住宅を全て住宅に替えるというもので、間取りや内装を一新して全く別の雰囲気に生まれ変わりました。

 

130802a

 

外観は如何にも事務所っぽい堅い雰囲気だったので、外壁や窓を変えるという案も出たのですが、シミュレーションの結果、外構に手をつけるのが一番費用対効果が高いという結論に至り、アスファルト舗装を全て剥がして新しく修景し直しました。

新しいアプローチの雰囲気に合わせて、玄関ポーチの床タイルも玄関までお揃いで張り替えました。

 

130802b

工事前のようす。

 

家具

111226c

前回記事のオフィス内部の様子。

これらの家具はオーナーが自ら選んだもの。センターテーブルはネルソンベンチ。その名の通りベンチですが、テーブルや飾り棚としても使え、また和にも通じるデザインのため、とても汎用性の高い定番家具。イージーチェアは、エリザベスチェアと同じデザイナーのようです。

その他、室内の仕上げや照明器具も全てオーナーが選んだもの。特に左側のオレンジ色の壁紙は目を引くアクセントながら、全然嫌味ではなく、むしろ意外に渋い雰囲気になっていて面白いです。

オーナーの目下の悩みは、正面のガラスに物件情報を張り出すかどうか、ということ。格好悪くなるので張りたくはないが、あれがあることで不動産屋として認識されるという側面もあり、非常に悩ましいのだとか。

マンションリフォーム

今秋から進めていたマンションのリフォームは、前半戦がようやく完成目前。サッシの納入が大幅に遅れたため工期が延びてしまいましたが、今日見たらサッシも取り付き、看板や照明も設置されていました。

今回のリフォームは、震災による外壁の被害や内部仕上の修繕、オフィス移転に伴う改修が主な目的です。マンションを改修する場合、通常は共用部分には手を付けられませんが、今回はこのマンションのオーナーのオフィスであるため、外壁(ALC)を壊してサッシを大きくするなど、ファサードにも手を加えて、イメージアップを図ることが出来ました。

111226a

看板は、オーナーのご要望をお聞きしながら当社がデザインしました(ロゴは既にあるものを利用しています)。この2つの看板は、それぞれ独立したデザインになっていますが、実は2つで1セットに見えるように、白地部分を連続させたり全体のバランスを考慮したレイアウトになっています。

左側のシンプルなほうは、不動産総合エージェンシー ライブリーフAG 

先日選んだ家具も既に置かれてて、良い感じになってます。

そして右側の楽しいほうは、加圧トレーニングスタジオ アスリートプラス

スタジオの手前には、中から見えるように植栽をする計画です。

111226b

外壁は今までは淡いピンク一色でしたが、どうせ修繕した後を塗り直すのなら、同じ色にしてもつまらないし完全に同じ色には合わせられないのだから、いっそのこと全く違う色にしてイメージを一新させようということになり、ダークグレーとしました。修繕の無い部分はピンクのままです。

後半戦は来年2月ごろから。今度は内部のリフォームです。

リフォームいろいろ

リフォームは新築と違って、その目的が一軒一軒異なるので難しくもあり、提案のしどころでもあります。その都度とても時間がかかるけれど、同時にやりがいも感じます。

今進行中の物件やお問い合わせいただいているものは、震災復旧や構造補強、中古物件の外装やインテリアのイメージ一新、お子様の成長に合わせた間取りの変更などなど。急ぐものもあればじっくり練り上げていくものもあり、お客様のご要望に合わせつつ、気の利いた提案を心掛けています。

Tkt 週末は新築のご相談と、リフォームの打合せ。

そのリフォームのほうは、今差し当って不自由があるわけではなく、時間をかけてお気に入りのデザインに改装していきたいというのが目的。置きたい家具なども決まっているので、それに合わせた提案をしつつ、お客様と話し合いながら一緒にデザインしていくスタイルで進めていくことになるでしょう。

 

リフォーム お引渡し

今回のリフォームは住みながらの工事ではなく、購入したばかりの中古住宅でまだ引越し前だったため、比較的スムーズに進みました。短期間だったので、物の手配が間に合わずにまだ若干の残工事があるものの、引越し後でも充分対応できるため、本日お引渡しとなり、大変気に入ってもらえました。

     Nsi

屋根付きのウッドデッキを新設。このあともう一回塗ったので、もっと渋い色になってます。新たに取り付けたサッシの収まりに大工さん苦労してたけど、うまいもんだなあ。

落ち着いたら植木にも手を付けたいですね。