ブレッツァ・アーキテクツ|一級建築士事務所の仕事を紹介しています
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
subako 外観

subakoは、予算内に収めるために外観は極力シンプルにしつつ、窓のバランスや屋根の厚み、素材などにはこだわり、質の高い雰囲気や佇まいを実現しました。

津波の被害を受けた周辺地域の中で、奇跡的に被害を免れたこの敷地。いろんな意味で忘れ難い住宅です。

Dsc_4139

subako 2階からこんにちわ

2階の寝室にある小窓から、ちょこんと顔を出す下の子。

1階のリビングとの話も弾みます。

上の子は、子供室にあるロフトが大のお気に入りだそうです。

Dsc_4165


subako リビング・ダイニング

無垢の家具で素敵にまとまった室内。

撮影のために照明を点けてみましたが、照明が全く無意味なほど、日中は光が満ち溢れています。

ダイニングの窓際に設けたカウンターテーブルでは、当初の狙い通り子供たちが宿題をしたり、お絵描きをしているそうです。

やっぱりお母さんの近くが良いようですね。

Dsc_4155


subako 植栽

玄関脇にはオリーブが植えられています。

冬は風が強く寒いですが、日射しは充分過ぎるくらいなので、お子様の成長と共にきっと大きく育つ事でしょう。

Dsc_4130


subako 外観

今夏、写真を撮らせて頂いたsubakoの外観です。

昨年末の竣工時は手付かずだった外構もご覧のとおり、素敵な庭になっていました。

シンプルでかわいい外観に、芝生の緑が良く映えています。

Dsc_4132


無垢の肌触りが気に入ったらしく、お子さんもよく寝転がってるそうです。
この日も夢中で何かを書き始めて・・・。 

Dsc_4168

で、何を書いてるのかというと、たくさんの「お」。

覚えたてで楽しいみたいです。先日は壁にも「お」って書いてあったとか。 

Dsc_4171


subako

先日、半年以上ぶりでお邪魔してきたsubako。
お引き渡しの時は手つかずだった庭も、すっかり芝生に覆われて奇麗でした。

Dsc_4126_2




subako

subakoのムービーを作りました。

まだ冬の写真しかないですが、先日すてきな芝生の写真が送られてきたので、早く見たくてうずうずしてます。

</object>
YouTube: subako#01

 

subako 近況メール

先日、subakoのT様から大変ありがたいメールを頂戴しまして、了解を頂きましたのでご紹介します。

 

外構が完成し今日は最後の表札が付きました。
生活にも慣れてきました。
朝、カーテンを開けると朝焼けがとても綺麗で、窓の外を見ながら飲むコーヒーはクセになる程美味しいです。そして、キッチンカウンターを挟んで子供達との会話を楽しみながら、ふと窓の外に見える飛行機はステキです。
生活していくうちに多少不便が出るのは仕方がないと思っていたのですが、しいて言えば階段下収納をまだ使いこなせずにいますが、他は快適です。私達らしいお家をつくって頂いたのだと感じています。

頂いたゴムの木もクリスマスには少しイメチェンしましたが元気です。我が家のリビングには欠かせない存在です。

予算的な事やいろいろな理由でできない事はできないと根拠を持って説明して頂きましたし、素敵な提案もたくさんして頂きました。納得行くまで相談させて頂き、私の話しに正面から向き合って頂きありがとうございました。

Nth ロフトからピース

 

 

T様、かわいい写真まで頂戴しまして、こちらこそ有難う御座いました。

住む人に馴染む空間づくりを心掛けていますので、「私達らしい」と感じて頂けたことは、私にとっても大変嬉しく、また誇りでもあります。

今後とも宜しくお願いいたします。

subako 穏やかな昼下がり

Nth2_9_2

お引越しもほぼ完了したsubakoにお邪魔したら、素敵な家具が入っていました。というより、この家具を見に行ったというほうが正しいのですが。

subakoは「素」の心地良さを求めているので、家具も無垢が相応しい、ということで設計段階から奥様がいろいろと調べて、サンプルやカタログを取り寄せ、探し出したのがこの家具でした。机の脚など真四角のまま。何か手を加えたくなるのをぐっと抑えて極力単純にして、素材と佇まいだけで「デザイン」しているあたり、subakoに共通するところがあります。そっと日常に寄り添うようなやさしい雰囲気を醸し出していました。