ブレッツァ・アーキテクツ|一級建築士事務所の仕事を紹介しています
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ソファ

マンションリフォームのOさんからソファが届いたという連絡があったので、工事後の不具合の確認を兼ねてお邪魔してきましたが、格好良かったです、truckのソファ。
張り替えたチークの床材とピッタリ。すごい存在感でした。

ダイニングの家具は秋頃だそうで、そちらも楽しみです。

Dsc_4181

 

リフォーム

キッチンの後ろの青い壁がアクセントになっています。
残念ながら家具の納品は数ヶ月先とのことで、今のところ竣工写真はここまでですが、いずれまた家具入りのほうもご紹介したいと思います。

Dsc_4102

 

リフォーム

リフォーム後のキッチン・ダイニングです。
まだ築年数が浅いことと予算の都合上、キッチンは既存のまま利用しましたが、天井を高くしたので以前よりも開放的になりました。
リビングを広げた事もイメージアップにつながっていると思います。素材感とも相まって、全体的にゆったりとした空間になりました。
 

Dsc_4096

 

リビングリフォーム

すっきりした印象に生まれ変わったマンションのリビング。
造作しようとしていた家具を全て取りやめ、住まい手がお気に入りの家具を購入して置く事になりましたので、家具入りの竣工写真はまた改めてということになります。
とても素敵な家具のようなので、納品が楽しみです。

Dsc_4092

正面の壁は、映写も可能なように白くフラットに塗りました。

 

照明器具

リフォームしたマンションのリビングには、施主支給の照明器具が取り付けられています。
3本に分かれた美しいラインが特徴の、シュスポンション トワ ブラ ピヴォタンという長い名前のこの照明。
内装を一新させた、このリビングの雰囲気に良く似合っています。
施主Oさんのセンスが光る一品でした。

Dsc_4119

 
O邸 リフォーム

Okm120627

O邸マンションリフォームも、あと少しというところまで漕ぎ付けました。

今回はLDK+和室のみのリフォームなので、寝室やお風呂、トイレは使えます。そこでO様は多少の不便を承知のうえで、暮らしながらの工事を選択されました。これは、毎日の工事状況をご自身で見ることで変更を思いつくことも出来ますし、その変更で工期が延びても余計な出費がかからないので、焦らずじっくりと考えながら工事を進めることが出来たので、良い選択だったと思います。

記事の更新はfacebookページでもお知らせしていますので、宜しければご利用下さい。

マンションリフォーム

 

見積り後に大幅に設計変更したマンションリフォーム。造作家具は全て諦めようやく着工まで漕ぎ付けたのですが、初っ端からトラブル発生でバタバタです。

施工上うまくいくかどうかの心配が不幸にも的中してしまったり、天井を壊してみたら思ったよりも配線が多かったり。

やってみなければ分からない事もあるので、リフォームは気が抜けません。

 

Okm120511

 

マンションリフォーム

120119

既存の間仕切りを撤去し、新しく造作家具をデザインしています。

 

マンションリフォームでは、構造やPS(パイプシャフト)などは手をつけることが出来ないので、インテリアをどうするかが打ち合わせの中心になります。

その中でも家具や照明計画がとても大きなウェイトを占めます。

 

今夜の打合せでは、このCGをもとにイメージをご説明し、とても気に入ってもらえました。

 

マンションリフォーム

少し前にお問い合わせ頂いたマンションリフォームが進行中です。既にほぼプランが決まり、素材の選定や家具のデザインへと話の中心が移行してきたところです。

Okm

模型だとどうしても綺麗に見えてしまいますが、もっと味のある空間をイメージしています。