ブレッツァ・アーキテクツ|一級建築士事務所の仕事を紹介しています
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
北四番丁神田歯科 明日から診療再開

北四番丁神田歯科は2Fからの移転リニューアル工事を終え、10/1(火)から3Fにて診療再開。

今まで通り一人一人に時間をかけて丁寧な治療を行うために、医師もスタッフも増員した今回の移転リニューアル。

そこで内装デザインも基本路線は変えずに全てを刷新・成熟させ、より一層行きたくなる歯科になりました。

 

 

今までより明るく、広くなった受付。

ここはやはり顔ですので、木と塗り壁が美しく調和するように特に念入りにシミュレーションを繰り返しました。

 

 

奥にあるのがキッズコーナー。

テナントだとどうしても段差が出来てしまうのですが、ベビーカーでも登れるようにスロープを設けました。

 

 

小さいお子様連れでも安心して通院していただけるよう、おむつ交換台も新設しました。

 

 

広くなった待合スペース。

以前にも増してサロンのような上質な空間が皆様をお迎えします。

 

 

思わず長居したくなること請け合いです。

 

 

■歯科医院の開業をお考えの方へ

随時無料相談に応じていますので、テナント、単独、住居併用を問わず、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

北四番丁神田歯科 移転リニューアル

東北大学病院で培った確かな技術と丁寧な対応で評判の北四番丁神田歯科ですが、診療の質を落とすことなく予約が取りずらかった状況を解消するため、規模を拡大するべく2Fから3Fに移転することになりました。

10月1日から移転先での診療開始に向け、現在残工事とともに引っ越しの真っ最中です。

新医院は規模が大きくなっただけではなく、スタッフも増員し新しい医療器具を導入するなど、院長の理想とする診療方針をより確実に実現できるようグレードアップしています。

 

 

院内は今まで親しんでいただいた医院と同じデザインコンセプトでまとめました。

通院されている方はよくご存知と思いますが、やはり院長の人となりに相応しいのは、奇をてらったものや華美なものではなく柔らかさと知性が一番だと思いますので、今までのものを踏襲しさらに上質な空間を目指しました。

半個室の診療室も今までより少し広めにしましたので、今まで以上に落ち着いた和やかな雰囲気で診療を受けていただけます。

 

 

今回はキッズコーナーもありますので、小さなお子様連れでもどうぞ安心してお越しください。

トイレにはオムツ交換台も設置しました。

 

 

普段患者さんは見ることはないですが、広くなった消毒滅菌室には様々な器具が所狭しと運び込まれています。

と、写真を撮っていたらひょっこり顔を出すお茶目な仕事熱心な神田院長。滅菌など衛生面には特に気を使っているとのこと。

そんな北四番丁神田歯科の治療方針は、ホームページをご覧ください。

 

■歯科医院の開業をお考えの方へ

随時無料相談に応じていますので、テナント、単独、住居併用を問わず、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

最高のリニューアルを準備中です。

 

3年半ほど前に手掛けた北四番丁神田歯科は、院長先生と一緒にイケアやホームセンターに行ったり(二人とも今よりずっと暇だったかな)、深夜に家具を自作したとても思い入れのある医院ですが、開院以来多くの方々にご来院いただき早々に4台分の診療スペースも埋まり、最近では予約が取りずらい状況が続いていたのが悩みのタネだったそうです。

そこで一つ上の3階に場所を移して規模を拡大するということで、再び弊社で設計監理をすることになりました。

思い入れのある2階の医院がたった3年半で無くなってしまうのは寂しい限りですが、今回のリニューアルにあたり、せっかく皆さまに親しんでもらった雰囲気を壊すことなく、それを更に新しいカタチに表現し直すという難題に取り組んできました。

今月後半には2階からの引っ越しも控えており、現場は急ピッチで進んでいます。

 

その後に設計した福島のこばり歯科も増築するかという話も出ており、このような皆さまに愛される医院づくりのお手伝いが出来て大変光栄です。

 

行きたくなる歯科

 

仙台で現在進行中の歯科医院のうち、1件の特徴は何と言っても広いこと。

そこでこの広さをデザインに活かして、他にはないような居心地の良い空間を目指しています。

診療ユニットが多いということは人も多いので、デザインだけでなく効率的なスタッフ動線にもこだわっています。例えばコンシェルジュタイプの受付けはさりげなくバックヤードと繋がっています。

 

 

待合室はゆったり気分!キッズコーナーも充実!

これからの歯科は治療だけでなく予防の重要性が増しています。お口の健康を管理する定期的なチェックの場として、行きたくなる空間をデザインしました。

 

■歯科医院の開業をお考えの方へ

随時無料相談に応じていますので、テナント、単独、住居併用を問わず、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

ホスピタリティデザイン

 

昨日は歯科医院が入るテナントの現場調査でした。前のテナントが退去してからでないと中に入れないので、今までビル建設時の図面だけを頼りに計画していました。

実際に見てみると図面とは違うところもあったりして、若干の修正が必要そうです。

 

こちらは計画途中段階の検討資料です。デザインというのは決して思いつきやセンスといったものではなく、時間の許す限り様々なことを考えながら、このような案を試行錯誤してきた結果です。

お陰様で弊社の歯科の実績も少しずつ増えてきましたが、そのどれもが大変好評で予約でいっぱいだそうです。これはもちろん各院長先生の個性やスキルが一番大きいのは間違いないですが、その先生方の個性を活かしたホスピタリティデザインも、受け入れられている要因の一つと考えています。

この良い前例を途切れさせないためにも、今回も決して手を抜くことは出来ません。

 

■歯科医院の開業をお考えの方へ

随時無料相談に応じていますので、テナント、単独、住居併用を問わず、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

北四番丁神田歯科 内覧会
今日は北四番丁神田歯科の内覧会。
院内はお祝いの花で溢れ、とても華やいだ雰囲気に包まれていました。
 

近隣の方も引っ切り無しに訪れ、早速予約も数件入っていました。
ちなみに予約していただくと記念品がもらえます。

受付の脇は筆記台になっており、受付の際は荷物置き場としてもご利用いただけます。
内覧会は明日(4/3)もやってますので、お気軽にお越しください。
 

あれ?
石の壁の上に誰かいますよ。
なかなかよくできてますね。来院の際は是非本人と見比べてみてください。
 
マイクロスコープ
歯科用のマイクロスコープはとても高価な機械のため、まだあまり普及していないそうですが、神田歯科では院長が東北大学病院で使っていたこともあり、最初から導入されました。
これを使いこなせるようになると、より精密な治療が可能になるそうです。
私も見せてもらいましたが、驚くほど明るくて高倍率。機器の進化とともに医療の世界も日進月歩なんですね。
高倍率ゆえにちょっとでも動くと中心がずれてしまうので、床の下地は通常より細かく入れてガッチリ補強しておきました。
 

北四番丁神田歯科は下記の日程で内覧会を行います。
当日は院内の様子をご覧いただけるだけでなく、治療方針をご説明したり治療の予約も受け付けるそうなので、興味のある方は是非お越しください。

日時  4月2(土)、3(日)  11:00~16:00
場所  仙台市青葉区上杉1-17-20 第6銅谷ビル2F
地下鉄北四番丁駅から東に徒歩1分(クロネコヤマトの2階です)
 
竣工写真
4/2(土)、3(日)に内覧会を行う北四番丁神田歯科の竣工写真を撮ってきましたので、そのうちの幾つかをご紹介します。
 



受付と待合はとても広く柔らかな雰囲気で、ゆったりと寛げるデザインになっています。
無駄な装飾を排除してすっきりとした印象を保ちつつ、異なる素材を立体的に組み合わせることで奥行きの感じられるデザインとしています。

 

院内は明るく爽やかな印象。
通路には木格子から柔らかな光が差し込んでいます。
消毒コーナーやスタッフルームなどのバックヤードは、ここからは見えないよう配慮しています。

個室の診療室は2面が窓に面しており開放的な造りになっています。
カウンセリングもできる机を用意し、プライバシーがしっかりと守られ、まるで我が家の居間のように寛いでいただける空間を目指しました。

 

一般の診療室も全て窓に面しており、治療する側にとっても動き易い広々とした空間を確保した、贅沢な診療室になっています。

 

最初はこんな普通のオフィスでした。
テナント工事は新築と違って様々な制約があるのでイメージを自由に形にできないもどかしさはありますが、その制約を感じさせないくらいまでデザインを昇華させる面白さもあります。
ここは現場の雰囲気も良く、とても助けられました。
 
【内覧会のお知らせ】北四番丁神田歯科
私たちが設計監理をした歯科医院が、下記の日程で内覧会を行います。
院長は東北大学病院にお勤めで、その知識と経験を活かして科学的根拠に基づいた治療を提案し、患者さん一人ひとりに合った治療を提供するために開業されました。

お近くにお住いの方やお勤めの方はぜひ内覧会にお越しいただき、「安心」のための最新の設備や院長の考え方に触れてみてください。
当日は治療の予約も受け付けるそうです。

日時 4/2(土)、3(日) 11:00〜16:00
場所 仙台市青葉区上杉一丁目17-20 第6銅谷ビル2階
 






 
北四番丁神田歯科 セルフビルド

こちらのテナント工事は作業も大詰めですが、ここでも恒例となりつつあるセルフビルドを行いました。

今回は家具。

収納ユニットをIKEA製品で設計したので、その組み立てをしに院長夫妻とご友人、後輩、そしてうちのスタッフ+オープンデスクの学生さんが、工事の終わった夜に集結。
大勢に集まってもらったのは、ダンボールの数が100個以上もあるからなのです。
 

一つ一つ作り方を確認しながら、作業を分担して賑やかに進めていきます。
しかし、いかんせん数が多いので難航し、結局0時までかかってしまいました。
皆さんお疲れ様でした。若い人たちに交じって私はヘロヘロでしたけど。

院長はテーブルにもこだわり、結局気に入ったものがなくて自作しました。
 

いかがですか?このオークの巾剥ぎ材に黒皮鉄の脚という素材感のある組み合わせ。
このテーブルは待合室の真ん中に配置し、雑誌やカードなどを置いて皆様の目に触れることになります。
4/5の開院に向け、あともう少しです。