ブレッツァ・アーキテクツ|一級建築士事務所の仕事を紹介しています
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
岩切の家 リビングダイニング

 

岩切の家は南に隣家があるため、1Fには窓を設けずに吹き抜けから光を取り込んでいます。

こうすることで隣家は目に入らず、見られることもなく、冬でも隣家の屋根越しに採光する事が出来ました。

あえて南側を閉じるという構成が可能なのも、東側を開放することが出来たから。一番奥にある旗竿敷地という一見ネガティヴな敷地でも、条件をきちんと読み解いて設計すれば、素敵な空間にすることが可能という良い例になったと思います。

 

 

 外の緑を借景することで、とても開放的な空間になりました。

今回は床のワックスだけでなく、玄関の壁もお施主様が施工しました。木の端材を一枚一枚張り付けたのですが、とても良いアクセントになっています。

 

 

■新築、リフォーム等をお考えの方へ

ブレッツァ・アーキテクツはデザインと同様に性能にもこだわっています。興味のある方は、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

岩切の家 1年後の様子

 

竣工から1年経った岩切の家の様子ですが、お施主様が自ら芝生を植えるなど少しずつ手を加えていてとても素敵になっていました。

 

ここは旗竿敷地なので、建物は周りを隣家に囲まれた奥に位置するため、深い軒による中間領域を設けて人を迎え入れるデザインとしつつ、シンプルな中にも優しい表情を心掛けました。

手前側は、舗装されているところ以外は隣地になります。

 

 

東側は唯一開けているため、広いウッドデッキを設けて室内外の結びつきを高めています。

 

■新築、リフォーム等をお考えの方へ

ブレッツァ・アーキテクツはデザインと同様に性能にもこだわっています。興味のある方は、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

岩切の家 オープンハウス終了

岩切の家のオープンハウスは終了しました。

ご来場いただいたたくさんの方々、そしてこのような機会を与えていただいたお施主様に、心よりお礼申し上げます。

 

二日間とも猛暑日となりましたが、風の通り道をきちんと設計していることと高気密高断熱(窓を開けていたので気密は関係ないですが)の効果により、エアコンが無くても暮らせることを体感していただけたと思います。
 

裏山を抜ける涼しい風も心地よく、粘って探した甲斐あって素晴らしい環境だと思います。

土地探しから始めて約3年弱のお付き合いとなりましたが、この土地の特性を充分活かした家が出来たと思います。

 

 

自然豊かな場所で、地鎮祭の時にはタヌキの足跡がありましたが、今はクルミの木に実が成っていました。

 

 

■新築、リフォーム等をお考えの方へ

随時無料相談に応じておりますので、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

■ブレッツァ・アーキテクツではスタッフを募集しています。(経験者歓迎、未経験者も可)

興味のある方はこちらをご覧ください。

 

 

 

【岩切の家】オープンハウス

 

岩切の家は無事完了検査も終わり、いよいよ今週末はオープンハウスです。

当日は会場にて建築相談にも応じますので、御用の際はお気軽にお声掛けください。

なお、見学は予約制となっておりますので、下記の【記入事項】をご記入の上、【お申込み】アドレスまでメールをお送りください。追って案内状を返信いたします。
 
【日  時】7/8(土)、9(日)10:00〜17:00
【場  所】仙台市宮城野区岩切
【記入事項】お名前・参加人数・希望日時
【お申込み】 kishigami@brezza-a.jp 岸上まで

 

 

さて、ちょうどクリーニングも終わりましたので少し内部を御紹介しましょう。

 

 

玄関から入り最初に目にするのがこの風景。

この敷地は周囲を隣家に囲まれた旗竿敷地ですが、一番奥なので東側だけ空いていました。そこでこの緑を借景して、明るくて解放感のあるLDKを計画しました。

大きな掃き出し窓には、後ほどウッドデッキを設けることになっています。

 

 

キッチン脇には大きなパントリーを設け、パントリー内に作業机や勝手口を設けるなどして利便性を高めています。

延べ床約30坪とコンパクトな住宅ですが、納戸やウォークインクローゼット、そしてロフトまであり、収納はかなり充実していますのでその辺もオープンハウスでご確認下さい。

お施主様が塗った床の蜜蝋ワックスもいい感じです!

 

 

玄関との間の造作ドアには、最近流行りのデザインガラスのご要望。

味のある趣で、タイル壁との相性も抜群です。

この家は全体的に、モダン過ぎずナチュラル過ぎないデザインで統一しています。

 

 

階段を上るとフリースペースになっていて、家族全員で使える大きな机を造作しました。

天井には物干し竿もあります。

 

 

寝室には書斎があり、そこからの眺めは抜群!!

外の緑だけ切り取っていて、これからの季節は特に最高ですね。

 

 

如何だったでしょうか。

百聞は一見に如かず。ぜひオープンハウスにお越しください。

お待ちしております。

 

 

■新築、リフォーム等をお考えの方へ

随時無料相談に応じておりますので、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

■ブレッツァ・アーキテクツではスタッフを募集しています。(経験者歓迎、未経験者も可)

興味のある方はこちらをご覧ください。

 

 

塗る

 

弊社ではよくお施主さんと床のワックスを塗っているのですが、ずいぶん久しくやってなかった気がします。

多分2年ぶりくらいでしょうか。

これはセルフでやるととてもお得なので、皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

木にツヤが出て木目が綺麗に浮き出る様がとても気持ち良く、我が家に愛着も湧きますよ。

 

 

というわけで今回、岩切の家では全部屋塗ることにしました。

私も午前中お手伝いしてきました。

 

1Fはウォルナット、2Fはアカシアでどちらも無垢材。

これに蜜蝋ワックスを塗るのですが、2Fは着色タイプを選択されました。

(以前サンプルを全色いただいたので、試し塗りをしてから決めました)

 

 

着色タイプはご覧の通り真っ黒ですが、伸ばせば良い感じに仕上がります。

冬に塗った時はもっと粘っこかったのですが、夏は柔らかくて塗りやすかったです。

 

 

奥から手前に塗ってきて、6畳で45分/2人。

決して難しくはないのですが、意外と腰にくるので要注意です。

それに今日はとても蒸し暑かったので、汗だくでした。

 

オープンハウスでは、ぜひその出来栄えも御覧ください。

 

 

岩切の家では、オープンハウスを下記の日程で行います。

当日は会場にて建築相談にも応じますので、御用の際はお気軽にお声掛けください。

なお、見学は予約制となっておりますので、下記の【記入事項】をご記入の上、【お申込み】アドレスまでメールをお送りください。追って案内状を返信いたします。
 
【日  時】7/8(土)、9(日)10:00〜17:00
【場  所】仙台市宮城野区岩切
【記入事項】お名前・参加人数・希望日時
【お申込み】 kishigami@brezza-a.jp 岸上まで

 

 

 

■新築、リフォーム等をお考えの方へ

随時無料相談に応じておりますので、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

■ブレッツァ・アーキテクツではスタッフを募集しています。(経験者歓迎、未経験者も可)

興味のある方はこちらをご覧ください。

 

【仙台市岩切】7/8(土)、9(日) オープンハウス開催

 

この度お施主様のご厚意により、岩切に建設中の住宅でオープンハウスを行う事になりました。
周囲を家に囲まれる旗竿敷地に建つ小さな住宅で、十分な採光を得るための間取りや唯一開かれた東側の借景など、様々な工夫をシンプル&コンパクトな形状に詰め込んだ、美しい空間になっています。
当日は会場にて建築相談にも応じますので、御用の際はお気軽にお声掛けください。

 

見学は予約制となっておりますので、下記の【記入事項】をご記入の上、【お申込み】アドレスまでメールをお送りください。追って案内状を返信いたします。
 
【日  時】7/8(土)、9(日)10:00〜17:00
【場  所】仙台市宮城野区岩切
【記入事項】お名前・参加人数・希望日時
【お申込み】 kishigami@brezza-a.jp 岸上まで

 

 

 

 

 

■新築、リフォーム等をお考えの方へ

随時無料相談に応じておりますので、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

■ブレッツァ・アーキテクツではスタッフを募集しています。(経験者歓迎)

興味のある方はこちらをご覧ください。

 

岩切の現場 検査前の検査

 

 

角田に引き続き岩切の現場も中間検査を行なうため、進行状況の確認と施主打合せを兼ねて現場に行ってきました。

 

丘の奥にある旗竿敷地の、さらに奥にちんまりと建つ可愛らしい家。

しかし、ただ可愛いだけではありません。

裏に家はなく山という恵まれた環境ゆえ、タヌキなどの小動物も顔をのぞかせる、小さいながらもスケールの大きな家なのです。

 

 

自然をダイナミックに取り入れたリビングは、四季の移ろいとともに暮らす贅沢な空間になっています。

 

 

投稿:岸上

 

 

岩切N邸 地鎮祭

 

今日は岩切で地鎮祭。3件続いた地鎮祭もこれでひと段落です。

Nさんとの出会いはちょうど2年前で、それから土地探しに約1年、設計に約1年を費やしてようやくここまでたどり着きました。

時間を掛けただけあって、こだわり満載の家になっています。

 

環境も良く緑豊かな場所で、珍客も現れたようです。

タヌキでしょうか、大小の足跡があちこちに残っていました。

 

 

岩切N邸 リビング模型
現在設計中の岩切N邸は、内外装や造作家具のイメージ、設備関係の選定などを行なっています。
間取りもほぼ決まったので、この段階で全体のイメージを模型にて再チェック。
これも前回と同じ学生さんに作ってもらいましたが、2つ目ということでかなり要領よくできました。何事も経験。


リビング正面のテレビ側が南。
目の前の隣家を避けてあえて窓は設けず、吹き抜けから採光を確保しています。
庭につながる大きな窓とデッキがこの家の特徴になっています。
 
基本設計

ご契約前には必ずラフプランを作成していますが、これはあくまでも一つの考え方を示しただけで、本格的にデザイン検討するのはご契約いただいてからになります。
ですから、ご契約後に間取りが大きく変わることもしばしば。
この段階がいわゆる基本設計で、方向性を定める大事な期間でもあります。

岩切N邸は間取りこそほとんど変わっていませんが、雰囲気を色々と試しているところです。
特に外観は可愛い感じに仕上がってきました。