ブレッツァ・アーキテクツ|一級建築士事務所の仕事を紹介しています
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
こばり歯科 完了検査

 

本日はこばり歯科の完了検査。

何も指摘なく合格し、あとは保健所の検査を済ませればオープンまでまっしぐら。

 

今のところ、オープンは5/9(火)を予定しており、その前に5/5(金・祝)〜7(日)の3日間内覧会を行なうそうです。

場所は福島県石川郡浅川町になります。お近くの方は是非!

詳しくは後日お伝えします。

 

 

診療室は清潔で優しい雰囲気に仕上がり、あとはユニットの設置を待つばかりです。

 

こだわった天井もスッキリ軽やか。

ハイサイドライトからの光を診療室に柔らかく届けてくれて、居心地の良い空間になっています。

 

 

診療室は半個室になっており、プライバシーに配慮しつつ開放感も両立させています。

窓から見る広大な景色はこの場所ならでは。

 

完全個室の診療室もあり、そちらにはマッサージ機能のついたユニットが設置されます。

心身共にリラックス出来ますね。

 

 

さて、写真に写っている家具のうちのいくつかは小針先生が自ら組み立てたイケア製品。去年の経験を活かしてのコストダウンです。

まさにその北四番丁神田歯科の神田先生も応援に駆け付け、1日がかりでの組み立てとなりましたが、手洗いの穴あけなどもあり最後は家具屋さんの手を借りることに。感謝です。

 

 

結局、作り方を忘れてしまった面々。

 

 

投稿:岸上

 

こばり歯科 外観

 

こんにちわ、岸上です。

 

福島県のこばり歯科は足場が外され、外観が姿を現しました。

今日はあいにくの曇天でしたが、イメージ通りのスタイリッシュな印象。

とても人目を引くようで、車を止めて眺めていく人もいるとか。

 

今月末の完成に向けて、中は仕上げ工事の真っ最中。

まだ外構が残っていますが、5月のオープンには間に合いそうです。

 

 

 

診療室から見る広々とした光景は、気持ち良いの一言に尽きます。

 

 

こばり歯科 上棟

 

今日は、福島県のこばり歯科で現場確認と打合せ。

この段階になると空間の大きさがイメージ出来るようになるので、

お施主様の小針先生にも現場を見てもらいました。

 

 

 

ここの診療室の特徴は、何と言っても開放感。

 

 

大きな窓から眺める広大な景色はもちろんのこと、

ハイサイドライトと勾配天井による明るさや軽やかさも、

その狙い通り良い感じになっていました。

 

患者さんは治療中ずっと上しか見れないので、今回は天井を如何にスッキリ見せるかに特にこだわっています。

 

 

投稿:岸上

福島県 地鎮祭

 

K歯科改め、こばり歯科の現場で地鎮祭が行われ、テントに入りきらないくらい大勢の人が集まりました。

金額調整が若干残っていますが、来月からいよいよ工事が始まります。

今年は雪が少ないといいのですが。

来春オープンの予定です。

 

見積もり

福島県浅川町に計画中の歯科医院の図面を、地元の業者に渡してきました。

実際に工事費がいくらになるかは業者の見積もり次第ということになりますが、その見積もりは必ず岸上がチェックをして、図面との食い違いの有無や金額の妥当性を確認しています。(業者のやる気もだいたいわかってしまいます)

この辺は住宅設計だけでなく、公共施設の設計をやっていた経験がとても役にたちます。

 

 

見通しの良い、広々とした敷地で、完成後は下のようになります。

最新の医療設備はもちろんのこと、腕が良くて気さくな若い先生なので、地域に根ざし頼られる医院になることは間違いないでしょう。

私も、この医院に関われたことを誇りに思っています。

 

 

今回のニャンコはマルくん。

丸々とした体型で誰にでも擦り寄ってきて離れない、愛すべき性格でした。

 

 

新規プロジェクト
先月歯科医院をお引き渡ししたばかりですが、また別の歯科医院を福島県に計画中です。
今年の正月に散々悩んでいたプランが与条件の見直しを経てかなりブラッシュアップされ、いよいよ正式にスタートしました。
 

今回は新築。しかも広大な敷地なのでどうにでもなるのですが、それを低予算でとなると途端に難しくなります。
歯科医院に必要な事は前回かなり学ばせてもらったので、それを活かしながら細かな配慮を積み重ねていきたいと思っています。
来春開業を目指していますので、乞うご期待。