ブレッツァ・アーキテクツ|一級建築士事務所の仕事を紹介しています
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
若林歯科 植栽

 

長野県千曲市の歯科医院、若林歯科では植栽工事が行われました。これでひとまず完成形となります。

こちらでイメージして選定した樹種を元に、地元の造園業者に若干アレンジしてもらったのですが、植え込みに立ち会えなかったので院長が写真を送ってくれました。

 

 

やっぱり植栽すると空間が活きいきとしてきます。

今は新型コロナウィルス対策で待合ソファを離して配置しているとのこと。広い待合室だからこそ出来る対応策ですね。

ライトアップした中庭の植木がとても良い雰囲気です。

 

 

庭の桜も満開。

早く竣工写真を撮りに行きたくなってきました。新型コロナウィルスが一日も早く収束しますように。

 

若林歯科 内覧会開催

 

若林歯科の内覧会2日目にお邪魔して来ましたが、今までの患者さんに加えて新患予約が数十組入るほど大盛況でした。

明るく開放的で尚且つ美しい空間に皆さん一様に感心されていたのが印象的で、脇でその様子を見ながらウチで設計したんですよーと心の中でつぶやく私でした。

 

 

さて、植栽がまだなので完成形ではありませんが、とりあえず現在の様子を撮ってきましたので一通りご紹介していきましょう。

 

 

広めのエントランスポーチは高齢者に優しいスロープ 付き。館内もバリアフリー になっています。

北向の入り口なので、中庭からの光で明るくなるように計画しました。

その中庭の緑に引き込まれるようにアプローチします。

 

 

待合室は中庭と一体で計画し、広く明るい空間になっています。

座り心地の良いソファに腰掛けて中庭を眺めていると、ここが医院であることを忘れてしまう。そんな空間をイメージしました。今春の植栽に乞うご期待。

 

 

診療ユニットは全部で5台。その全てが庭に面しています。

そのうちの一つはガラス張りの個室。目の前には切らずに残しておいた桜の木があります。

マイクロスコープを備え、主に精密治療を行う診療室です。

 

 

その他4台はプライバシーに配慮した半個室。

どれも広くゆったりとしています。

正面の木は千曲市の市花・市木のあんず。当然、その前にある診療ユニットのシートカラーはアプリコットにしました。

 

 

通路に面したアイランドタイプの作業台には印象を取るための機材が並んでいて、どの診療ユニットからも使いやすくなっています。

奥には消毒滅菌コーナーを配置することで、使いやすさはもちろんのこと、滅菌への取り組みを見せることで安心していただく意図があります。

 

 

開院して既に数日経ちましたが、キッズコーナーはとても好評とのこと。

小さなお子様連れでも安心してお越しください。

 

若林歯科

長野県千曲市杭瀬下50

TEL : 026-213-7574

wakabayashidental.jp

 

■歯科医院の開業をお考えの方へ

随時無料相談に応じていますので、テナント、単独、住居併用を問わず、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

若林歯科 完成内覧会のお知らせ

弊社が設計監理をした長野県千曲市の若林歯科で、今週末12(日)と13(祝)の2日間内覧会を行います。

40年近く地域に根差した歯科医院の建て替えなので、今まで通院されていた年配の方にも受け入れられるように木を多用した柔らかい印象としつつ、庭と一体となった診療室や待合室など、伸びやかで美しい医院の新たなイメージも確立させました。

若林歯科を既にご存知の方も初めての方も、この心地良い空間を是非この機会にご覧ください。

 

 

 

若林歯科のホームページはこちら

 

所在地:長野県千曲市杭瀬下50

しなの鉄道屋代駅からすぐ。駐車場も広いのでお車でもご来場いただけます。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

若林歯科 お引き渡し

 

本日は若林歯科のお引き渡し。

ここまで時間をかけて、妥協することなく設計中も施行中も関係者とCGで情報を共有しながら細かい部分まで作り込んできたおかげで、イメージ以上の空間にすることが出来ました。

特に施工者選定には施主と共に悩みましたが、こちらの意図をしっかり読んでくれた上で上手くまとめてくれるので、選んで良かったですし期待に応えてくれたことに感謝しています。

 

 

まだ待合室には何もない状態ですが、これからこの建物で一番特徴的な空間に変わっていきます。

とりあえず中庭の植栽は春までおあずけ。

 

 

診療スペースの通路はとても広く贅沢な空間。

通路に面した消毒滅菌コーナーもかなりの広さがあります。

院長室はなく、消毒滅菌コーナーの一部に院長と大先生の居場所を設けたオープンスタイル。

まだ何もなく静かですが、これからここを様々な人が行き交い会話が生まれると思うとワクワクします。

 

 

内覧会を2020年1月12日(日)、13日(祝)に行います。

屋代駅から近く、大駐車場も完備された便利な場所ですので、千曲市及び長野市など周辺地域にお住まいの方は是非覗きにいらしてください。

 

若林歯科

長野県千曲市杭瀬下50

TEL : 026-213-7574

wakabayashidental.jp

 

■歯科医院の開業をお考えの方へ

随時無料相談に応じていますので、テナント、単独、住居併用を問わず、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

お引き渡し目前

 

昨日は長野の若林歯科で建築と消防の完了検査。

ここまで本当に長かったですが、現場にも恵まれてイメージ通りのものができたと思います。

お引き渡しまであとわずか。しかしそこから年明けの診療開始まで、ますます慌ただしくなりそうです。

ちなみに、内覧会は1/12(日)、13(祝)に行う予定になりましたので、千曲市、長野市近辺の方は是非お越しください。

 

 

この広々としたエントランスは若林歯科の特徴の一つ。まだ植木がないのが寂しいですが、それは来春のお楽しみ。

 

 

夜景はこの建物のプロポーションが際立ちます。すごく綺麗でした。

 

長野の現場もあと少し

今年も残すところあと1ヶ月。大衡村でのオーオウンハウスにお越しの皆様、大変有難う御座いました。

ここ最近、おかげさまでお問い合わせも増えております。年内にやらなければならないものや年明けすぐに動き出すものなど、かなり慌ただしくなってきました。今年もまたブログのみで年賀状は欠礼かも。

 

さて、年内竣工の若林歯科は内部仕上げもほぼ終わって造作家具の設置が始まりました。

施工図がしっかりしていたので安心してましたが、しっかり綺麗な出来でした。

 

 

再来週には完了検査の予定。

長かった長野通いももうじき終わりです。名残惜しいですが、地域の人々に貢献する若林先生の拠点として、とても良いクリニックが出来たという実感があります。あと少し、最後まで気を抜かずに頑張りましょう。

 

 

若林歯科 サイン

 

最近は週一で長野に通いです。

若林歯科は外部足場を解体し、ついに姿を現しました。

試しに仮設電気をサインに送ってもらい試験点灯してもらいましたが、シンプルなのに目立つと関係者にも大好評。

バックライトはサインの浮かし具合によって光の出方が変わるので、事前にサンプルで確認して決めてはいたのですが、取付けの際に実物で再度確認を求めてくれた現場に感謝。結果的に最初に決めていた通りで進めましたが、大事なのは皆で確認しながら進めていくプロセス。外壁の試し塗りなど、言われなくてもきちんと用意してくれるこの現場は、本当に頼もしいです。

 

 

周囲には無い潔いほどのシンプルさが、いい意味で目立ちます。

完成まであと1ヶ月ちょっと。これから内装がメインになります。

 

■歯科医院の開業をお考えの方へ

随時無料相談に応じていますので、テナント、単独、住居併用を問わず、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

若林歯科 外部足場解体前

 

若林歯科は、足場の養生シートを外したので室内から外が眺められるようになりました。

12月後半は新規診療ユニットの設置や現医院からの引越しがあるため、あと1ヶ月くらいで建物はほぼ完成の見込みです。

 

 

足場を解体する前にサインも取り付けています。これは以前原寸で確認してサイズを微調整していたのでバッチリ。

明日には足場も外されて、いよいよ完成間近という段階に突入します。

 

 

昨日は外壁や窓周りなどを上から下までじっくりとチェックしました。

 

周りの山々と広く澄み切った青空、そして真っ白でシンプルな外壁のコントラストがとても爽やかで、若林先生のイメージにドンピシャではないかと心の中で自画自賛しながら仙台に帰ってきました。

 

若林歯科 内装下地施工中

 

若林歯科は千曲川の近くにありますが、台風19号で少し手前まで道路が冠水したものの、現場付近は無事で何よりでした。

昨日は定例打ち合わせでしたが、今後の災害復旧などの人材難を見越して先々まで工程管理している頼もしい現場です。

 

暑さにも負けず

 

昨日、今日と長野の現場で建て方だったので、打合せを兼ねて様子を見に行ってきました。

信州といえば涼しいイメージでしたが、あいにくここは盆地のため仙台より暑く、二日間とも37度だったのでバテました。

でも大工さんはこんな猛暑の中でもこまめに休憩と水分補給をしながら手際良く作業を進めてくれて、あっという間に建物の外形が姿を現したので、若林歯科のスタッフさんも興味津々で眺めていました。