ブレッツァ・アーキテクツ|一級建築士事務所の仕事を紹介しています
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
癒し系社員

Atc_110324

先日久しぶりに螢─璽謄ーシーさんにお邪魔しました。相変わらずシャープで格好良いですね。

このスクリーンは、あの巨大地震でビクともしないばかりか、むしろ本体の古いプレハブ事務所の揺れを支える、バットレスの役目を果たしています。デザインとは、見た目だけでなく機能も大事です。

さてこの会社、ちょっと変わった社員がお出迎えしてくれます。名前聞くの忘れた。

Atc_cat

近所の野良らしいのですが、朝は誰よりも早く出勤し、玄関の前で待ってるのだとか。

そして夜には皆と同様に退社するのだそうです。いいな、うちにも来ないかな。

 

A社リニューアル 竣工

Atc_2

見違えるようになった新社屋にとてもご満悦の社長様。家族に自慢する社員達。ちょっとの工夫で大きな効果をもたらす、これこそがデザインの力だと思います。そしてそのような力を引き出し、皆の気持ちをひとつにまとめる、これが建築家の仕事だと思います。今後の益々のご発展に多少なりとも寄与出来たことをとても嬉しく思います。

もちろん、微に入り細に入り尽力された施工者の協力なくしては語れません。

Atc_1

A社 内部の様子

以前アップした内部解体の部分はすっかり変わってご覧のとおり明るくシャープになりました。事務室は写真掲載しませんが、ここと同じ様に黒いタイルカーペットが、シャープで落ち着いた印象を与えています。

Atc_080325

A社 祝・移転

内装は若干の手直しが残っているものの、既に引越しを終えました。什器・備品の入った事務室内はキレイなのはもちろんのこと、とても引き締まって見えます。今回は配色のバランスと採光がポイントでした。取引先にも好評のようで一安心。も、してられずこれから外部が佳境に入ります。

Atc_080318

A社 内部解体

Atc0125 ちょっと楽しげな破壊工作。

でも片付けるの大変そう。

A社事務所改装

Atc_080121 もうじきA社リニューアル工事が始まります。

まずは内部間仕切り解体からスタート。

A社屋改装プラン

Atc_071221 プレハブの場合、その枠組みの中で何をしようとも所詮はプレハブの域を出ません。そこで下手な小細工をして取り繕うよりも、いっそプロポーションごと変えてしまって、貧相なプレハブっぽさを払拭出来ないかを検討中です。もちろん単純に。安価で。