ブレッツァ・アーキテクツ|一級建築士事務所の仕事を紹介しています
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
今日の現場 安心・安全な家づくり

 

大河原の現場は現在軸組みが終わり、耐力壁やサッシの取り付けを行なっています。

この段階でしか見れない部分もあるのでしっかりチェックをしてきました。これは設計の専門家だからこそ、また設計と施工が別々だからこそ可能になるわけで、設計施工が同じ会社だと第三者的なチェック機能は期待できないでしょう。

 

 

連休明けには恒例のスイッチ・コンセントの現場確認を予定しています。

 

連休といえば、前半は天気も良く暖かだとか。今日も快晴でした。皆様良い休日をお過ごしください。

 

帰りに通った大河原駅前の白石川。桜並木もすっかり新緑に覆われていました。

 

■新築、リフォーム等をお考えの方へ

ブレッツァ・アーキテクツはデザインと同様に性能にもこだわっています。興味のある方は、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

長野からのご相談

 

本日プレゼンした歯科医院の、待合室のイメージです。

まだ設計契約前なので詳しくは載せられませんが、とても気に入っていただけて楽しい打ち合わせでした。

決定すれば、初の長野県での物件になります。

 

 

■歯科医院の開業をお考えの方へ

随時無料相談に応じておりますので、テナント、単独、住居併用を問わず、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

マンションリノベ

先日、宮城野マンションリノベの竣工写真を撮りにお邪魔してきました。

お引き渡ししてから約1年近くになりますが、かわいい小物や観葉植物も増えてとても素敵になっていましたので、ご紹介させていただきます。

 

 

マンションという最小限に抑えられた空間で最大限のゆとりを生み出すために、ここではリビングとダイニングは分けずに一つの大きなテーブルで兼用させました。

キッチンも況燭砲靴胴々として使いやすく、奥には新たにパントリーも設けています。

 

 

ご夫婦共通の趣味である自転車を収納するため、玄関には大容量の納戸を設けました。

壁面は可動棚になっており、靴やカバン類もまとめて収納できます。

 

 

また、客間としても使える予備のスペースをLDKに面して設けました。

ダイニングとは気分を変えて、陽当たりの良い場所で読書やコーヒータイムを楽しむ事が出来るように考えました。脇にあるかわいい小窓がアクセントになっています。

 

■新築、リフォーム等をお考えの方へ

ブレッツァ・アーキテクツでは、住宅に限らず飲食店舗や事務所、歯科クリニックなど、規模や用途を問わず施設全般を手がけています。興味のある方は、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

増田の家 お引き渡し

増田の家は本日お引き渡しでした。

はじめのご相談の内容は、日照条件の悪い土地に明るい家が建つかというものでした。

そこで最初は、リビングだけでも採光上少しでも有利になるように2Fリビングでご提案し、ここでも暮らせるということで計画がスタート。最終的には暮らしやすい1Fリビングとし、採光は北側の環境光を利用することとなりましたが、そのアイデアと結果はオープンハウスで皆様に体感していただいた通りです。

 

さて、オープンハウスではご覧いただけなかった夜の様子もご紹介しておきます。

 

 

夜は高窓の「抜け」が期待できないので、間接照明で天井面の「抜け」を演出しています。

ダウンライトなどがないと、見た目もスッキリした印象になります。

 

 

かわしらしい外観は、夜もシンプルかつ個性的。

子供たちと花壇を作るとおっしゃっていたので、どのようになるか今から楽しみです。

 

■新築、リフォーム等をお考えの方へ

ブレッツァ・アーキテクツはデザインと同様に性能にもこだわっています。興味のある方は、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

増田の家 完了検査

今週末に内覧会を行なう増田の家は、本日完了検査が行われました。

床の養生もはがしてクリーニングも行なっており、綺麗な状態で皆様にご覧いただけます。

 

今日の現場の様子はこちら。

 

 

 

 

現わしの柱や無垢の床と白い壁とのコントラストが、清々しさとやさしさをもたらしています。

 

増田の家の内覧会は3/24(土)、25(日)の2日間だけ。

見学は予約制となっておりますので、下記の【記入事項】をご記入の上、【お申込み】アドレスまでメールをお送りください。追って案内状を返信いたします。

【日  時】3/24(土)、25(日)10:00〜17:00
【場  所】名取市増田
【記入事項】お名前・参加人数・希望日時
【お申込み】 contact@brezza-a.jp

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

【オープンハウス】名取市増田

増田の家のオープンハウスは今週末です。

24(土)、25(日)の2日間だけの開催ですので、お見逃しなく。

見学は予約制となっておりますので、下記の【記入事項】をご記入の上、【お申込み】アドレスまでメールをお送りください。追って案内状を返信いたします。

【日  時】3/24(土)、25(日)10:00〜17:00
【場  所】名取市増田
【記入事項】お名前・参加人数・希望日時
【お申込み】 contact@brezza-a.jp

 

 

外観はミニマルな家型で、とてもかわいらしい印象。

敷地の間口が狭く、目一杯に建っています。

 

 

この家には表と裏に玄関があり、その2つの玄関を結んだ軸線が建物を東西に貫くことで水平方向の抜けを、さらにその軸線を小さな吹き抜けとすることで上方向の抜けを取り、間口の狭さを補い内部空間に拡がりをもたらしています。

冬は南からの採光が期待できない立地なので、低めの吹き抜けを設けてトップライトとハイサイドライトから光を採り入れています。

 

 

外観と同様に子供部屋もかわいらしい印象。

屋根勾配なりの天井は、低いところで1.65mに抑えてあり、屋根裏部屋のような感じになっています。

 

その後のクリーニング中の写真は、次の記事をご参照ください。

 

オープンハウスのお知らせ

 

この度お施主様のご厚意により、名取市に建設中の「増田の家」でオープンハウスを行う事になりました。
東西に細長く冬は南からの採光が全く期待できない敷地にありながらも、かわいい家型の中に明るく豊かな空間を実現しました。
見学は予約制となっておりますので、下記の【記入事項】をご記入の上、【お申込み】アドレスまでメールをお送りください。追って案内状を返信いたします。

【日  時】3/24(土)、25(日)10:00〜17:00
【場  所】名取市増田
【記入事項】お名前・参加人数・希望日時
【お申込み】 contact@brezza-a.jp

 

形が見えてきました

 

堤町のリノベ現場もいよいよラストスパート。

ちょっと前まで、上の写真のように散々壊して、既存の配線もどれが何だかわからない状態でしたが・・・。

 

 

ようやく形が見えてきました。

キッチンは初めてのポーゲンポール。このキッチンはドイツのメーカーというだけでなく、本当に製作をドイツで行なうので納期がかかります。しかも長期の夏休みをしっかり取るため要注意。でもその甲斐あってとても上品です。

 

 

窓も取り替えて、断熱も入れ替えて、下のようになりました。

 

 

いまは壁一面の造作家具を製作中。

週末からモールテックスも施工します。仕上がりが楽しみ。

 

■新築、リフォーム等をお考えの方へ

ブレッツァ・アーキテクツはデザインと同様に性能にもこだわっています。興味のある方は、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

土地探し

昨日は土地探し中のお客様と敷地巡り。

予め数件に絞った土地を一緒に見ながら、設計者としての視点からアドバイスをしていきます。

不動産業者は売るためのトークをしますが、いくら土地が安くてもそれ以外に割高要素が潜んでいれば元も子もないですし、安全性に疑問があれば私たちはお勧めはしません。そこで、弊社の設計スタイルに共感し設計相談を行っている方には、このようなお手伝いもしております。

 

更に昨日は「岩切の家」の近くまで行ったので、そのままお客様とお邪魔してきました。

原則として、お引き渡しした後はプライベートを邪魔しないように別のお客様をお連れすることはしていないのですが、突然の訪問にも関わらず快く招き入れて頂き、OBとしての経験談までお聞かせいただいてとても有意義でした。何より、とても素敵に住まわれているのが嬉しかったです。

今までやりたくても遠慮していたこのようなOB宅訪問。たまにはいいかもなんて図々しく思ってしまいましたが、他のOBの皆様はいかがでしょうか?

 

■新築、リフォーム等をお考えの方へ

ブレッツァ・アーキテクツはデザインと同様に性能にもこだわっています。興味のある方は、こちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

 

お気に入り

仕事柄なのか道具にはこだわる方ですが、特に筆記用具にはこだわります。

フィーリングの良い線が引ける筆記用具はまさに相棒で、お気に入りの2mmのシャーペンはもう15年以上同じものを使い続けています。

そして、昨年からその仲間入りをしたのが万年筆。

きっかけは300円という超低価格な万年筆で、その金額に見合わない滑らかな書き味に驚き、以来常用しています。

 

 

ハマった理由がもう一つ。いろんな色のインクを試せるのが楽しいのです。

特に、人気があるという色彩雫はとってもお洒落。恐らくネーミングと容器がヒットの理由でしょう。

お試し版の小瓶詰め合わせもあり、「月夜」と「山栗」を試してみましたが、どちらも良い色で書くのが楽しくなります。

 

 

今使っているのはどれも低価格の鉄ペンと言われるもので、安いので目詰まり覚悟で顔料インクも試しています。

いずれは最高の1本に出会ってみたいものですが。

でもその前に、下手な字をなんとかしないと。