ブレッツァ・アーキテクツ|一級建築士事務所の仕事を紹介しています
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
M邸 色決めなど

090916 現場がいよいよ細かく、慌しくなってきました。外部足場も外し、造作家具も少しずつ入ってきています。

それに追われるようにいろいろと決めていかなければなりません。タイルなどの現物を取り寄せてMさんと決めていきます。微妙な違いは現物を見ないとわかりません。

Mor0917

採光をコントロールすることで、奥行き感のある空間になっています。角田の家と同じ考えです。

 

M邸 造作家具など

造作家具は、寸法や使い勝手はもちろんのこと、材質や色、金具などなど、細かく決めなければならないことがたくさんあるので、設計図を元に製作図を起こしてもらい、施主にも説明しなければなりません。とても大変ですが、魅力はやはり空間と一体化できること。新築なのに建物とかインテリアを分けるのってナンセンスな気がします。M邸の家具は今、工場にて鋭意製作中(まだ材料取りかな)。

Mor0910 2階のテラスにも屋根が掛かってますが、部分的に開けて空を切り取っています。

テラスに屋根があると、洗濯物を干している時の急な雨でも大丈夫。

M邸 下地組み

講習で一日潰れたので、今日は滅茶苦茶忙しい。朝からあちこち回って、合間に施工図作成など。現場では2ヶ所間違えている部分の手直しを指示。まだ手を着けたばかりだったので大したことはなかったですが、普通でない納まりが多いので、ここから先はご注意のほど。

図面には書いてあるのだが、意外と伝わらない。どうも巷では、住宅は間取り図だけで作られているのだろう。

Mor0902

M邸の2階。よくありがちな暗い廊下ではなく、正面に公園の見える明るい廊下です。(まだ養生シートが被さってるので公園は見えませんが)。

M邸 外壁

Mor0821 金属サイディング張りが始まりました。

色や質感を確認するためにサンプルをたくさん取り寄せ、その中から選んだのですが、やはり実物大で見るとぐっと来ます。

足場があるので至近距離からの見上げ。いい感じです。

M邸 床暖

最近雨の日が続きます。今朝は激しい雨音で目が覚めました。

090810 雨が続いてもM邸の工事は順調に進んでいます。サッシも入ってきました。床暖はコンクリートに打ち込むので、仕上げ工事の前に施工します。このコンクリートに蓄熱するので、厚さが厚いほど暖かさがより持続します。ただし最初に温まるまでは時間がかかります。

M邸 屋根

Mor090727 最近雨が続きますが、屋根を葺いてしまえば楽になります。今日は中間検査のための下検査を行いました。

しかしこの現場。自転車で行くにはちょっとしんどい。もう汗だくです。

M邸 屋根下地

昨日から暑くて夏本番という感じですが、まだ梅雨は明けていないようです。M邸は上棟後すぐに床下地と屋根下地を張っていきます。建物の形も何となく見えてきました。皆さん暑い中お疲れ様です。

Mor0716

M邸 上棟

いよいよ建て方が始まりました。設計したものがどんどん形になっていくこの工程は、やっぱりいいものです。雨じゃなくて良かった。

Mor090714

M邸 配筋検査

090702 本日朝一、住宅瑕疵担保責任保険の配筋検査に立会い、合格。検査項目はベタ基礎の耐圧版と立ち上がりの配筋、定着長さ、地盤とのレベル等々。

昨日の下検査ではまだ完成していなかったのでドキドキでしたがよく間に合いました。指摘しておいた点も対策済み。ただまだアンカーが入っていません・・・。埋め込み長さの確保は重要なので、確認はコンクリート打設までに行います。

今週は月曜日に一件地鎮祭があり参列。その後事務所に、横浜から大先輩の小野寺氏が訪ねてこられ近況報告など。氏のご活躍の秘訣は細やかな対応と、多角的な視野で漏れの無い丁寧な仕事ぶりにあり、と見ました。参考にさせていただきます。

M邸 地鎮祭

Mor_090611 今日はM邸の地鎮祭。平日でもOKとなると、こういうことはやはり大安の日にこだわってしまいます。

今回もシビアな納まりがあるので、施工は精度良くお願いします。