ブレッツァ・アーキテクツ|一級建築士事務所の仕事を紹介しています
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
盛大に餅まき

最近では滅多に見かけなくなった上棟式ですが、K邸で盛大に行われました。地鎮祭では土地の神様をお呼びするのですが、上棟式では4人の神様をお呼びするのだとか。これはすなわち4本の柱を意味するのだそうです。

Kan0831

あいにくの天気でしたが餅まきや、直会(なおらい)を兼ねたバーベキューと実に盛大に催されました。準備の皆様も一日掛かりだったようで、お疲れ様でした。

K邸 床コンクリート打設

この状態でもかなり気持ちの良い感じが出てきました。

  Kan0808

K邸 鉄骨建て方

K邸は鉄骨の建て方を行っています。途中に狭くて急な坂があるので、少量ずつに分けて搬入しています。クレーン車も小さかった。そういえば先日の生コン車も初めて見たミニサイズでした。4tだったかな?とてもかわいかったですが、生コン単価が2割ほどアップする曲者です。。。

  Kan_0731

↓これがこうなる予定。

  Kan_cg3_1

K邸 調整中

来月の鉄骨建て方に合わせてサッシも製作に入りました。今更CGという感じですが、内部の検討確認のために修正中です。外壁は全部白くしたかったのですが予算のこともあり、半分はシルバーになります。

  Kan_cg1

  Kan_cg2

K邸 縄張り

     Kan_070509

建物位置の確認です。赤いテープが目印です。こうして出来るところまで準備を進めながら、確認申請の審査が済むのをしばらく待つことになります。

K邸 基本プラン

0221

条件変更に伴い変更案を検討してきたが、いくつかのプランを経て結局去年の夏のプランを基に変更することになった。

空間ひとつひとつに対する特殊な要求に対して、いくつかの空間を点在させることでそれらに応え、水平方向に広がりを持たせることで再び一つに繋いでいる。

0222

K邸 地鎮祭

本当に久しぶりのK邸です。

Kanc

一度、設計条件が変わったので急遽、別のプラン(B案)をまとめ、御提案したのだが、実は今から3ヶ月前に再び前のプラン(A案)に戻っていたのだった。そして本日、地鎮祭と相成ったわけである。着工は来年5月予定だが今年中に神事を済ませたかったようだ。

さて、本来ならこれでメデタシなのだが、この3ヶ月間を利用してA案の気になる箇所を抜本的に練り直していくうちに新たにC案に辿り着いたので、地鎮祭のあと打合せをさせてもらった。

そもそも「頭の中では既にA案に住んでいる」くらい気に入っているのに、今回頼んでもいないメジャーチェンジ案が出てきた事は不思議に思われたかもしれない。こちらとしてはそれを承知の上で、駄目元で進めてきたC案だっただけに、一目で気に入ってもらえて正直ほっとした。そして正式にしばらくC案を練るチャンスを得た。

多分竣工まで様々な変更提案をし続けると思うが、その辺は巳年生まれという事でご容赦願いたい。しぶといにょろよ。

基本設計まとまる。

K邸は今晩の打合せにて、設計開始から半年間掛けて進めてきた基本設計が合意に至る。これから実施設計に入るわけだが残る時間はあとわずか。やる事は山積み。各部の仕上げやディテールなど、ここからの作業で空間の質が大きく左右されるだけに、要領良く進めたい。途中で概算も要チェック。

K_06051 K_06052

K邸

K_0701_1 只今模型作成中及び検討中。。。

K邸打合せ

昨夜はK邸の打合せ。

前回で大きな骨格というかコンセプトがほぼ固まっていたので、その肉付けに夜10時まで盛り上がった。実現する・しないに関わらず、様々なアイデアが飛び交い、ちょっと言っただけの話がふと気付くと重要なキーワードになっていたり・・・。長い設計期間の中で今が一番楽しい。(もちろんクライアントにもこの過程を楽しんでもらうと同時に、住んでみて一層楽しい空間となるようにします^^一生の中での貴重な体験と財産として。)

Kan_liv

Kan_par